お客様の声

高齢者向け有料賃貸住宅 ふらここ 所長:池田 真由美様

利用者の楽しみを増やしてくれるオロナミンCみたいな存在
高齢者向け有料賃貸住宅 ふらここ 所長:池田 真由美様にお話をお伺いしました。

ついついわがままを言いたくなる関係に

厨房の委託をモルツウェル(株)さんに切り替えてから、まだ2カ月目ではあるのですが、様々な気づきや驚きをもらっています。
以前までの委託先とは7年間という長いお付き合いをさせて頂いてたのですが、距離感がなかなか縮まらなかったというか、お互い歩み寄るきっかけや思いが生まれなかったです。
それがたった2カ月間でのコミュニケーションでも「良い関係性が出来ているな!」と実感できているんですね!
管理体制はバッチリだし。対応力・スピードがとにかく良いのでついついわがままを言いたくなるようなこの変化に驚いています。
そして、どんどんチャレンジをされているモルツウェル(株)さんに切り替えたことによって「ふらここ」としても設備や環境を変えるきっかけになりました。
利用者さん方は、本当に小さな変化に敏感です。食器を変えただけでも喜んで声をかけてくれたりしますし、スタッフとしても一緒になってチャレンジしていきたいという意識が出てきました。
これからはバイキング行事などにも挑戦したいですし、なかなか普段提供することが出来ないけど、利用者さんたちが実は求めている揚げ物にも、常食からどんどんチャレンジをしていきたいなと感じています!
これからもモルツウェル(株)さんと抜群のコンビネーションで利用者さんの笑顔を作っていきたいと思います!

行事食はコミュニケーション

「ふらここ」これまでの行事食といえば、クリスマスや敬老の日などの世の中のイベントに合わせて行ってきました。 行事食というよりはお菓子などをメインに開催していました。
毎回楽しんでいただいているのですが、日常の中に行事食という楽しみがあるという事が利用者さんにとってわくわくする出来事なんですね。
ただいつもと違う食事が出てくるのではなく、行事食そのものが別のコミュニケーションツールになっているというのも利用者さんが楽しみにされていることの大きな要因です。
食事の前に料理人の方が
「今日のお魚は今朝水揚げされた新鮮なお魚を使用しています。」
「おいしく召し上がってもらいたくて心をこめて作りました。」
などと利用者さんに向けて話をして下さるだけで、こんなに会話が弾み。食事をする際の表情が明るくなり。施設が活性化されるんだと驚きました。
食事の最中もテーブルごとに声をかけて頂いて、積極的にコミュニケーションを図って下さる姿が利用者さんにとっては「オロナミンC」みたいな存在なんだなと感じています。
これからも「ふらここ」と共に様々な挑戦をしていくにあたり、モルツウェル(株)さんの数多くの引き出しを開けていただいて、楽しませていきたいと思います!

利用者さんインタビュー

デイサービス利用者 T様(70代女性)

──本日の行事食はいかがでしたか。
このような機会があると伺いまして、しばらく心待ちにしておりました。
普段召し上がる事の少ない食事だというのは伺っておりましたが、どんなメニューだろうと楽しみにしていました。

──メニューの中に「おさしみ」がありましたが感想をお聞かせください。
娘の嫁ぎ先からいつもおさかなを送ってもらっていまして、美味しくいただいていたのですが最近は食べる機会がなくなり1年ほど召し上がっていませんでした。
1年ぶりにお刺身を召し上がりましたが、とても新鮮なおさかなで美味しかったです。

──料理人の方にメッセージをお願いします。
自宅におる時は簡単な食事で済ませてしまうことばかりですが、「ふらここ」での食事は安心してバランスの良い食事が召し上がれてうれしく感じます。
何より、いつも手の込んだ食事を提供してくださり感謝しております。
酢の物とくだものが好きですので、機会を増やしてくださるとうれしく思います。