お客様の声

有限会社宮本食肉店 専務取締役:藤井 浩太郎様

島根県松江市浜乃木に位置する有限会社宮本食肉店は、設立31年、商品の品質や価格、豊富な品揃えに全力を傾け、肉を調理するプロと向き合い、いかに良い肉を、いかに調理しやすい形で届けるかを追求し、衛生管理、鮮度管理は当たり前として、フレンドリーなコミュニケーションを図りながら、地域に根差した食肉専門店です。 

地域に対する志に共感

両社の社長同士が青年会議所で知り合ったことがきっかけとなり、お互いの地域への思いが合致したことから、平成16年にモルツウェル社がシニアフード事業をスタートする際、食肉の取引をスタートしました。
共に地域に貢献する中小企業として、また全国の高齢者の365日の食事を支えていくパートナーとして、モルツウェルにお肉を卸させていただいています。

モルツウェルは「ふるさと守りのファーストペンギン」

モルツウェルを一言でいうと「ふるさと守りのファーストペンギン」
「ファーストペンギン」とは、集団で行動するペンギンの群れの中から、天敵がいるかもしれない海へ、魚を求めて最初に飛びこむ1羽のペンギンのこと。人口減少が著しいこの島根の中小企業の過中で、その“勇敢なペンギン”のように、リスクを恐れず初めてのことに挑戦するベンチャー精神の持ち主
社長のリーダーシップと共に、社員の皆さんも一人一人がチャレンジし、お互いを「ナイスチャレンジ!」と讃えあえる社風があります。
例えば、厨房受託をされている施設の行事食では、季節の献立を厨房スタッフが毎月考案し、栄養士さんや調理師さんが知恵を絞って、おいしく柔らかくお客様に「おいしい!」と言っていただけるお肉を常に探究されています。
また、「真空調理」という調理法に合ったお肉、「高齢者向け」というお肉へのこだわりは、どの食品工場よりも熱いと思います。「お客様の食べやすいお肉のスライスの厚さも肉の部位ごとに研究、分析をされ、日々改善をされています。時に難しいオファーも来ますが、弊社もなんとかその熱意にこたえたい!と日々専門知識も勉強しています。
お客様の様々にニーズに応えられる「第2の厨房」として、これからも一心同体、パートナー企業として、今後も全国のお客さまに「おいしい!」を届けたいと思います!